古本というほどでもない古本をブックオフに送りました。着払いで送れるので有難いです。

翌々日に査定結果がメールで着ました。査定金額は0円でした。

ブックオフは安いと言われていますが、今まで5000円前後は振り込まれていました。0円は初めてです。他の業者に送った分は、450円でしたし、新刊本もあったので、景気の悪い今でも数百円にはなると思っていたので意外でした。

コロナで仕事が行き詰まり、解雇されて失業者も増えて、家にあるものを売りに出す人が増えているそうです。どんなに買い叩かれてもお客はOKするらしいです。

業者は、景気の悪い今、買い叩き、景気がよくなった頃に高値にして売りに出すので、大儲けです。しかし、いったいいつになったら景気が回復するか先が見えず、在庫だけが増え続け、保管の費用もかさむので、業者側にとっても厳しい時代です。

断捨離をして、ゴミを捨てるにもお金がかかる時代ですから、買取業者には着払いで送れるので、ゴミを送るというつもりであれば、損をしたとはいえません。

不要なものを送って、ちょっとでも部屋に隙間をつくれるものなら、みなさんもそうなさったらいいと思います。

ただし、食器類は値段のつかないものは送料がこちら持ちで、送りかえされることがあるので、業者の要綱をよく読んでから送らなくては大損します。

おすすめの記事