ダー子長澤まさみ>

2018年春クールに放送されたドラマを対象に開催した
「週刊ザテレビジョン 第97回ドラマアカデミー賞」の
受賞作が決定。

「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)で
信用詐欺師・ダー子を演じ、
見事なコメディエンヌぶりを発揮した
長澤まさみが、主演女優賞に輝いた。

長澤の受賞コメントを全文公開!

――第97回ドラマアカデミー賞で
最優秀主演女優賞に選出されました。
受賞のお気持ちをお聞かせください。

たくさんの方にドラマを楽しんで
いただけたのだという事だと思いますので、
とても嬉しく思っております。
益々真剣に作品に
取り組んでいきたいと思いました。

――「コメディエンヌとしての魅力を再確認した」
という声が多く寄せられました。
あらためて、今回の作品に取り組まれた
感想を教えてください。

近年コメディー作品に
参加させていただく機会が多くあり、
これまでの経験を糧にして
邁進(まいしん)して
こられたのかなと思いました。

――「ダー子のくるくる変わる表情と、
はちゃめちゃに見えて実は
人を大切に思っているところが魅力的」
という声もありました。
ご自身ではダー子の魅力を
どのように感じていらっしゃいますか?

ダー子の全てが魅力的だと思います。
ダー子だから許される、
ダー子だから可愛い、ダー子だからあり得る……など、
”ダー子だから”がたくさんある。
その人間性に魅力を感じていました。

――各話で披露された
扮装への反響も大きかったですが、
好評の声は届いていましたか?
 感想と共に、もしお気に入りの衣装など
ありましたら教えてください。

「アレ面白かったよ!」と
言っていただける機会が話を重ねるごとに増えて。
期待に応えたいなという気持ちで頑張っていました。
お気に入りの役は山形出身の女性でした。

――ダー子とボクちゃん、
リチャードの掛け合い、
チームワークも楽しく拝見しました。

東出昌大さん、小日向文世さんとの
共演の感想を教えてください。

東出さんはセリフ回しの速さに、
小日向さんは切り替えの早さに、
驚く事ばかりの共演者でした。

3人ともテンションが合うようで
一緒に居てもとても居心地が良く、
過密なスケジュールも
お互い支え合って乗り越えられました。
お二人でなければ、
ダー子は演じられなかったと思います。
とても感謝しています。

――“古沢良太さんの
脚本との相性の良さ”を
指摘する声も寄せられましたが、
脚本の魅力は
どのように感じていらっしゃいますか?
特に印象に残っている
シーン・セリフなどありましたら、
合わせて教えてください。

古沢さんの脚本はスピード感がありながらも、
セリフが生きているというところが
魅力的だなと思いました。
その時を掴みつつ、
見応えがある作品だなと。
ドラマ撮影からは随分日が経ってしまい、
今は映画の方に
気持ちが移ってしまっていまして。
(印象的なシーン・セリフについて)
映画の方なら答えられるんですが…
それはお楽しみという事でも
よろしいですか?(笑)

――あらためて、ご自身にとって
「コンフィデンスマンJP」は
どのような作品となりましたか? 
映画化も決まり
続編を楽しみにしている視聴者にも
メッセージをお願いします。

私にとって、
大切な作品の一つになりました。
この作品に関わった
全ての方に感謝していますし、
一緒に寒い冬を乗り越えてくれた事に
とても感謝しています! 
映画の撮影もまた共に切磋琢磨して、
より良い作品が出来るといいなと
思っています。
ドラマを楽しんで下さった方に
また楽しんでもらえる作品になるよう、
一歩一歩大切に
進んでいきたいと思います。
ザ・テレビジョンより



映画化のはなしも実は詐欺で
ウソだったという結末かと思ったら
本当に映画化されて
脚本もできてるのですね。

東出昌大くんは今年大当たり年で
すでに、「コンフィデンスマンJP」モードに
なっているのかも。

長澤まさみがこれだけ
セリフ回しをガンガンできる女優だとは
知らなかったです。
長澤まさみのブームは終わったみたいな
雰囲気が一時ありましたが
東出昌大君同様、この作品は
大きな転機だったようです。

にほんブログ村 明るいニュース
人気ブログランキングへ