夫は自営業者です。数人従業員もいます。20年前に始めた当初はある程度の収益が上がっていましたが、徐々に経営が悪化し、子供の学費など必要なので、本業の傍ら、アルバイトを掛け持ちすることになりました。

それが想像以上に給料がよかったので、本業の時間を短縮して、アルバイトばかりに時間を費やすようになり、ついには、どちらが本業か、わからなくなってきていました。

しかし、年齢的に体がきつくなり、今年の3月にアルバイトの半分をやめて、本業に時間を割くことにしました。

本業の時間をふやせば徐々に水揚げが上がり、本業の業績もよくなると夫は思ったようです。

しかし新型コロナウイルス襲来です。

これによってさらに収入が落ちました。そして追い打ちをかけるように、昨年の収入に対し、国税、地方税が掛かってきました。

アルバイトに掛かる税金が重くのしかかります。

税金がたくさんということはそれだけ収入もあったということだとは思いますが、子供の様々なことで消えました。

私は夫の仕事に深くはタッチしていません。結婚当初、私が仕事にタッチすることを嫌がり、さらに私が結婚前からしていた仕事を継続することにも難色を示しましたから、ずっと専業主婦でした。夫の両親が生きている間、彼らの世話してきました。

詳しい収入などについて、通帳を見せてもらったことはなく、買い物などで必要な時、3000円とか5000円とかを直接受け取ってきました。

「今日はスーパーで買物をするのでお金を下さい」という感じです。

夫はアルバイトをすると翌年税金がたくさん来るので、やめれば生活が楽になるのでやめる。

といって半分くらいアルバイトをやめましたが、確かに税金は減りますが、収入そのものがなくなります。

そして、この先年齢が高くなると、アルバイト先は定年になると思うので、本業が生活の糧のすべてになります。昨日夫と話し合いました。

もうここ5年以上、赤字だと知りました。アルバイトで赤字を補填していたらしいです。それまでは水揚げから必要経費を差し引いて残る実収入は月に10万円弱、アルバイト以外の本業の収入は年間120万円程度だったらしいです。

本業をやめようかと思った時期があったが、アルバイトにも定年があるので、その先のことを考えて温存したらしいです。

ずっと以前、納豆のカップが小さすぎるので、2パックを小鉢に入れて朝食に出したことがありました。すると激怒して、こんな贅沢をされたら僕がどんなに働いても金が足りないはずだと言われました。が、夫の収入が圧倒的に少なすぎるということなんです。

自営業なので厚生年金はありません。国民年金です。国民年金は非常に少なく満額でも月6万円程度です。二人合わせても12万円くらいです。

夫はアルバイトをやめれば時間が出来て、本業に力を入れられる。税金が減り、本業からの収入が増えると思っていたようですが、アルバイトを止めたら収入が減り、本業も収益は伸びず、この先、どん底になるのではないかと懸念しています。

アルバイトをやめれば税金を取られませんが、収入もなくなるということに夫は気付いていなかったのです。

夫は何でもかんでも責任転嫁をする人で、私の実家の親が援助してくれなかったからだとか、他の人は奥さんに稼ぎがあるから楽だというのですが、私が仕事を続けることを反対したのは夫でした。

もうこの年齢から再度採用されることはありません。

私の実家の親は、確かに姉夫婦に実家の稼業を譲ったので、取引先などがたくさんあり、楽だろうと思います。しかし私の夫は余りにも稼げない男です。

稼げないかわりに、なにか立派な研究をしているとかでしたら納得しますが、結局のところ、勉強しない人なので、仕事が発展しないということです。

自営業を始める前は勤め人でした。夫は自分で経営して稼ぐだけの裁量のあるひとではなかったということです。9時から17時までの勤め人に向いている人だったんだと、今さらながら思います。

このままではこの先行き詰まるので、私は、ネットでできる小遣い稼ぎを探しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

愚痴・ボヤキ日記ランキング
おすすめの記事