「桐島、部活やめるってよ」で共演した
神木隆之介くんと東出昌大くんの対談です。

●俳優・神木隆之介とモデル・東出昌大。
お互いの印象について。
まずは原作者である
朝井リョウさんの印象について教えてください。

神木:僕の場合は最初に台本を読んでから、
原作に目を通しました。

そしたら原作も面白くて。
学校って独特の雰囲気があると思うのですが、

その雰囲気がリアルに、
でも新鮮なタッチで描かれている

文面から繊細な感情、
空気感が伝わってくるんです。

正直、同年代の人が書いたとは
思えませんでした。

東出:僕は原作者朝井リョウさんが
年下ということに、まず驚きました。

年下の方が男女の感情の変化を
ここまで生々しく
表現できるものなんだなと、
感心してしまったというか、
驚いたのが正直な感想です。

学校という誰もが経験してきた
日常的な光景だからこそ、
繊細な描写も頭に
思い描きやすいのかもしれないですね。
それでは、実際に脚本を読んでみて、
どのような演技プランを組み立てましたか?

神木:ほとんど原作を
気にしないようにしました。

監督から役の人物設定を作る
宿題をもらったときに、
前田涼也という人物の家族構成から
好きな映画、かすみとの関係、
日常的な立ち振る舞いまで、
自分なりに作り込みました。

そういった宿題は
映画の撮影ではよくあることなんですか?

神木:ないですね。でも、楽しかったです。
自分のパーソナリティが
キャラクターに反映されていくのが
手に取るようにわかる。

映画版ならではの
前田涼也に想いをはせることで
自然と形作られていくんです。

東出:僕の場合は
原作とシナリオを照らし合わせながら
やりました。

部活のこと、彼女とのこと、
桐島に対する感情であったり、
シナリオと原作でリンクする部分を探し出して、
自分なりに解釈して…。

初めての映画出演でそういった
具体的な役作りの方法は、
とても助かったんじゃないですか?

東出:そうですね。
他に方法を知らなかったので、
これが普通なんだろうなと認識していました。

実際に現場でも役として
インタビューを受ける機会があって、
とてもスムーズに入り込めました。

現場でのお互いの印象はいかがでしたか?
そもそも俳優とモデルという
職種の違いがあったわけですが。

神木:見上げる感じですよ、
スタイル良いなぁ〜って(笑)。
綺麗ですし、羨ましい。
結構、素で憧れていましたね(笑)。

東出:これまで俳優さんと
仕事を一緒にする機会が無かったので
はじめは不安でしたよ。
業界的な洗礼を受けたら……、とか(笑)。
でも神木君をはじめ、出
演者はみんな良い人ばかりで、
和気藹々と撮影に臨めました。

神木さんの印象はいかがでしたか?

東出:とても人懐っこくて、庶民的。
冷めたお弁当も、文句も言わず
美味しそうに食べていました(笑)

そうなんですね(笑)。
実際に撮影を重ねるなかで俳優として
先輩の神木さんからアドバイスなどはありましたか?

東出:いや、むしろ僕から積極的に声をかけて、
判らないことがあれば何でも聞いていました。
帰りのロケバスでもずっと話を聞いてもらって(笑)
お互いの環境が変化するなかで
映画「桐島」に与えた影響。

なるほど。
実際に出来上がった作品をご覧になって
いかがでしたか?

神木:呆然としていましたね。
放心状態。
撮影のときには自分のシーンは
チェックしないという約束事があったので、
仕上がりの想像がつかなかったんです。
おかげで、フラットな気持ちで観られたし、
衝撃も大きかった。

東出さんは?

東出:男子の下らない部分や
女子の怖さとか、
学校という世界の中での空気が
繊細に描かれているし、
すべての生徒の背景が伝わってくる。
だから、観ていると
どんどんその世界に
引き込まれていくんですよね。
それで終わりの頃には、
もっとこの映画の世界に
浸っていたい気分になりました。

ちなみに今作は高校生のお話でしたが、
お二人の青春時代の変わったエピソードがあれば
教えてください。

神木:「僕は普通ですよ(笑)。
同級生と帰りにファーストフード店に寄って
何時間も喋っていたり、
学食をどうやって食べれば
節約に繋がるかとか考えたり(笑)。
私生活の立ち位置は、
作品のなかで言うと竜汰に近いですね。
みんなを巻き込んで盛り上げていこうっていう。

東出さんはいかがでしたか?

東出:僕も普通だと思います。
ずっと部活をやっていましたし、
モデルの仕事も学業を優先しながらでしたから。
しかも、お小遣い制(笑)。
いくら仕事に恵まれていても、
作品に出ている各キャラクターと同様に、
将来に対する漠然とした不安を抱えていましたね。
そういった意味では
映画と変わらないと思います。

本作は社会に出ているか否かで
見え方が変わってくると思うのですが。

神木:実は撮影のときは学生で、
観たのは社会人になってからなんです。
学生だからこそ共感できる部分も、
社会人だからこそ感じられる懐かしさも、
両方味わえることができました。
演技をするうえでも
学生特有の浮ついた感じが出ていると思います。
撮影中はそんなこと考えもしませんでしたけど。

神木さんは高校を卒業して社会人に、
東出さんは本格的な俳優業の第一歩に。
今作はお二人にとって転機となる作品と
言えそうですね。それでは最後に
作品の見所を教えていただけますか?

神木:原作をご存じない方でも
充分に楽しめる映画に仕上がっているので、
是非、映画館で観ていただきたいですね。

東出:時代を経ても変わらない高校生が抱く
様々な葛藤が見所の1つだと思います。
いろんな役に共感できますし、
10年後に見返しても面白い作品だと思います。
是非、劇場でご覧になってください。

にほんブログ村 明るいニュース
人気ブログランキングへ