東出昌大×一之輔「落語ディーパー!」 9月に新シリーズ放送決定

「若い世代が落語を知らないなんてもったいない」

を合言葉に、
落語ファンの俳優、東出昌大さんが、
春風亭一之輔さんら若手落語家と、
ネタ(演目)について語り合う
「落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~」
(NHK・Eテレ)が、

9月に4回、新シリーズを放送することになった。

昨夏の放送で、
落語に触れたことのない人からも
「おもしろい」との反響があり、
新シリーズを後押しした。




この人は当初の印象よりずっと
教養があって
司馬遼太郎の本を大量に読んでいるし
落語もたくさん知っている。

落語も読書も本来は娯楽ですけど
最近はなんでもスマホで読めるので
わざわざ本を読まないし、
落語家も地道な修行をするより
お笑い番組で名前が売れたほうが
お金持ちになれるので
まじめに修行する人が
減っているような気がします。

自分で作った新作落語とか
やっている人がいるけど
時事ネタで笑わせる
ただの漫談であって
落語とは違うような気がするのです。

関西の重鎮と言われている
桂文枝、本名桂三枝など
古典落語が出来るのかどうか・・
古典落語で勝負したら
ぼろが出るので
新作落語という漫談をしているだけ
のような気がします。

古典落語を楽しくわかりやすく
紹介してくれるこの番組は
前回も楽しかったし
これからシリーズ化してほしいですね。
にほんブログ村 明るいニュース
人気ブログランキングへ