東出昌大

映画公開日の舞台あいさつを取材していると、
週を置かずに同じ顔を見かけることがあって、
いやでもその人の過密スケジュールを想像する。

作品によって幅はあるが、
撮影期間は1~3カ月だから、
ダブっている時期は確実にある。

これにドラマ出演などが重なると、
並行して演じる役の切り替えは
さぞかしたいへんだと思う。

昨年は菅田将暉(25)が典型だった。
1月から11月までの公開作は5本。
メジャー作品から、
監督の思い入れの強いアート色の濃い作品まで
幅広いのも特徴だった。

今年は東出昌大(30)である。
先日、石井岳龍監督の怪作
「パンク侍、斬られて候」のあいさつで、
先輩俳優たちの熱気に押されて
照れ笑いを浮かべていたかと思えば、
翌週は瀬々敬久監督のエネルギーあふれる作品
「菊とギロチン」で、
若手俳優を前にシコを踏む
観客サービスで喝采を浴びた。

資料を見ると、
6月公開の「OVER DRIVE」から
11月の公開予定作まで
主な出演作は昨年の菅田と同じ5本。
内容の幅広さも同で、何事にも
チャレンジングな心構えが見えてくる。

東出の場合は、「寄生獣」(14年)や
「パンク侍-」のKYを極めた殿様など、
「怪演」の領域でも力を発揮し、
「助演賞」で評価されることが多かった。

今年の活躍を見ていると、
各賞の真ん中に来る日はそう遠くなさそうだ。
日刊スポーツ



「パンク侍、斬られて候」

バカ殿

「パンク侍、斬られて候」より

菊とギロチンは2016年から準備が始まり

東出昌大がアナキスト役で出演

東出昌大『菊とギロチン』場面写真公開

2018年3月に場面写真の公開があり

OVER DRIVE

映画は一日に成らず。
役者も一日にな成らず。

杏と結婚した時
杏はこのまま順調に
女優をやるだろうけど
東出くんの棒演技、棒セリフで
役者を続けていけるだろうか・・・
子供も生まれるというのに
大丈夫?と思った時期がありました。

落語に精通してたり
山のように本を読んでいて、
教養があって、でもひけらかさず
素敵なんだけど大丈夫?
いい人過ぎない?と、思ってたら、
あれよあれよという間に
幅広い役をこなせる役者になったですね。

結婚した時は
「杏の夫」だった肩書が
逆転してきたです。
杏は安心して子育て中心に
時々仕事ができます。
よかったね。
にほんブログ村 明るいニュース
人気ブログランキングへ