東出昌大

4月9日にフジテレビの月9ドラマ
『コンフィデンスマンJP』がスタートした。
主演の長澤まさみの脇を固める
東出昌大のルックスが評判となっている一方で、
肝心の演技の出来には疑問符が付いている。
Biglobeニュースより

このドラマは長澤の演じる
“信用詐欺師”が金融業者、
キャビンアテンダント、芸能人ら、
さまざまな業界人に変身しながら
金をだまし取っていくという
エンターテイメントコメディ。

東出昌大のルックスに関しては
及第点の一方で、

東出の演技は
一般視聴者のみならずファンも
不満げだったようだ。

放送終了後にツイッターでは、
長澤と比較しながら
東出の演技に
“ダメ出し”する投稿が相次いだ。

《長澤まさみ、発声が素晴らしい。
舞台で相当やったのね…と
それだけで涙が出そう。
それに比べて東出、
なんでいつまで経っても
演技クソ下手なんよ。

この枠他の人でも良かったでしょう。》

《やっぱり東出昌大は
サイコパス役以外は棒だな》

《東出くんの演技の棒(演技)な感じは
あえてなのか》

《東出くんの演技力は
相変わらずだけね…………コメディは
発声が命なのに》

ツイッターの関連投稿を総合すると、
つぶやくように
ゆっくり台詞を話すのが東出の魅力。
大きな声を発する場面が多い
コメディの役柄に
東出は合っていないとの指摘が相次いだ。

演技派女優と
呼ばれるようになった長澤に、
もうひとりの主要キャストの小日向文世。
東出はふたりの演技達者に
囲まれている。

視聴者から《ルックスが一人歩きしている》
と投稿された東出には
肩の荷が重かったのだろうか。
Biglobeより抜粋




おもしろいのに
視聴率が悪いといわれ
今度は東出くんの演技が
棒だといわれてます。
東出くんのセリフ回しが
ボクトツとしていて
棒読み状態なのは
今に始まったことではなく
「ごちそうさん」の時からずっと。

でも
沢口靖子が朝ドラ「澪つくし」で
出てきた時よりはマシです。

沢口靖子の棒演技、棒読みは
ものすごかったです。
いいのは顔だけという状態でした。

当時は
ツイッターなんてなかったので
視聴者が沢口靖子のことを
「ここまで下手で朝ドラの主役は史上初」
と、思っていても
表立って出ては来ませんでした。

今はすぐ
視聴者の生の声が
聞こえていいけれど
役者さんたちにとっては
厳しい時代ですね。

でも東出昌大クンは
自分に関するネットは
見ないそうなので
何を言われているか
知らないかな~?

東出昌大くん出演の
「寝ても覚めても」が
カンヌ映画祭コンペ部門に
出品されて東出くんに
演技賞受賞の可能性があると
どこかで読みました。
外国人が見たとき字幕なので
彼のセリフ回しについては
わからないので
演技賞授賞の可能性は
あると思います・・。

最近の東出くんは
棒読みだといわれながらも
次々いい作品にでて大活躍。
子供は3人目が生まれ
公私ともに絶好調です。

若い今こそ、しっかり勉強して
棒演技、棒セリフからの脱却を
はかったらいいですね。

でもこのボクトツとしたセリフまわし
しゃべり方、魅力なんですけどね。

にほんブログ村 明るいニュース
人気ブログランキングへ