こちらこちら

「東出昌大をまとめてみました」の感想です。

作家朝井リョウさんとの対談。

最初の場所はふつうのファミレスです。

東出くんは最近仏度数が増えていると指摘される。

相手の答えに納得できないときは

フォイッスルを吹く。

ファミレスでは朝井リョウさんの話が中心。

学生時代はずっと不安だったという朝井さん。

小説書き始めたのが6歳だという。

「どうやって小説って書き始めるんですか?」By東出

創設ノートを見せてもらうと、

ノートにびっしり細かい字で

小説には出てこないエピまで書いてある。

起きてしまった事件の結果は

共感できなくても なぜこの事件が起きたのか、

までさかのぼれば違ってくる。

1ミリでも違っていたら違ってくると言う。

 

スペードの3を読んだと東出くん

ブラックだったという感想。

確かにかなりブラックな作品みたいですね。

ファンクラブの頂点であることだけの

優越感に生きる女。 いますね、そんなひと。

それだけでも理解できる作品。

「謙虚さを大切にしようと思った時点から

もう 本当の謙虚ではない

東出君に求められている謙虚さが

巨大だと朝井は言う。

めちゃくちゃ負けず嫌いで一致。

後半は花燃ゆ。

松陰神社に場所を移して対談続行。

まじめ系クズだと東出くんは自分を評価。

負けず嫌い・ズボラ神経質とも。 モ

デルの仕事は始めた時点で、

いつ辞めてどの方向に行くか、

考えるものらしい。

しかし役者にかける真剣さは本物で、

役者を続けること。続けられること。

それを想い続けている。By東出

もっといいこと、話されていたけれど、

今、思いつくまま書きました。

彼らの世代、シラケ世代ともいうけれど、

決してシラケてなんかいない。

ものすごく熱い熱い二人でした。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ