2016年秋公開の映画

『デスノート 2016』のキャストが発表され、

東出昌大、池松壮亮、

菅田将暉が出演することが決定した。

 大場つぐみ原作、大畑健作画で、

国内累計発行部数

3000万部を誇った人気コミック

『DEATH NOTE』。

名前を書いた人間を

死なせることができるという死神のノート

“デスノート”を使って犯罪者を抹殺し、

理想の世界を作り上げようとする夜神月と、

世界一の名探偵Lたちの頭脳戦を描いた

『DEATH NOTE』は、

2006年に『デスノート』

『デスノート the Last name』として

実写映画化され、

藤原竜也、松山ケンイチらが出演した。

2008年にはスピンオフ映画

『L change the world』が製作され、

2015年には窪田正孝と山﨑賢人共演で

日本テレビ系で連続ドラマ化も果たした。

 『デスノート 2016』の舞台 は、

夜神月とLの死から10年後の世界。

“人間界で

同時に存在していいノートは6冊まで”という、

原作に存在しながら、

未だ使われていなかった

“6冊ルール”が採用され、

死神が再び地上にデスノートをばらまき、

人々が大混乱に陥る。

夜神月の父・夜神総一郎が立ち上げた

“デスノート対策本部”のエース三島

世界的私立探偵にして

“Lの正統な後継者”竜崎

キラ復活を目論む紫苑優輝らによる、

デスノート争奪戦の模様が描かれる。

本作の主人公で、

デスノート対策本部特別チームの捜査官

三島創役を東出昌大、

三島とともにデスノートを追う世界的探偵

竜崎役を池松壮亮

三島や竜崎をも翻弄する狂気の天才で

サイバーテロリストの

紫苑優輝役を菅田将暉が、

それぞれ演じる。

メガホンを取るのは、『GANTZ』シリーズ、

『図書館戦争』シリーズの佐藤信介監督。

佐藤監督の新解釈による

フルCGのリュークら死神たちに加え、

小畑健監修による新たな死神も登場する。

●東出昌大(三島創役) コメント

今回の『デスノート』も

天才対天才の対決を描いていて、

しかも僕ら3人の人間関係が複雑に絡み合った

天才同士の三つ巴の戦いになっています。

もともと原作世代なので、

前作の映画も観ていたし、

その10年後を演じる意義や

プレッシャーも感じますが、

きっと池松くん、菅田くんと

共演できたからこその

物語になっていると思います。

前作で『デスノート』の持つ

極限のテーマに魅力を感じて

ご覧になっていた方は、

もちろん今回も

楽しんでいただけると思いますし、

ここから観始める方でも

楽しめる作品になっていると思います。

SealSoundより抜粋終わり

東出くんはさわやかなイメージと同時に

バケモノ映画の化け物や、

それを追う、捜査官の役を

違和感なくやって

ものすごくあっていると思うのです。

今回の映画は役者が揃っていて

期待大大大です!

今までの作品を見てない方は

レンタルしたりして予習したほうが

より、面白いと思います。

私ももう一度、見返して、

公開時に備えます!うれしい!

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ