デート~恋とはどんなものかしら~第2話感想です。
長谷川博己演じる谷口巧は自称高等遊民ですが、

ただの母親に寄生するパラサイトニートです。


しかし見合いをするに際して、

無職がばれたら、 断られるので、

出版社勤務とうそをついています。

谷口巧は何が何でも母親以外に寄生できる

杏演じるリケジョの変人藪下依子と結婚して、

母親もろとも世話してもらおうと考えています。

一方依子は好きではないけれど、

子供を産むタイムリミットが近づいているので、

こちらも結婚するため、

テーマパークデートをすることにします。

でもばれちゃいます、

パラサイトであることが

依子の父親の部下が谷口を調査して、

近所のおばちゃんから聞き出しました。

谷口は自分が出版社勤務でないことを話し、

プロポーズしようとしようとしたまさにその時、

父親の部下が登場、彼ににばらされて・・

「なぜ働かないのか?」と依子に聞かれ、 ・・・・

それでも強引に踊りながらプロポーズ。

「高等遊民というのは高尚な生き方だ。

家や土地は抵当に入っている。

母は原因不明の体調不良だ。

母が働けなくなったら終わりだ。だから、

母に代わって寄生する存在を探していた。

藪下さんは結婚後も働くことを望んでいるし、

国家公務員だから倒産はないし、

給料も安定している。

僕と結婚して僕を養ってください!」 By谷口巧

こんなこと言われて結婚OKする女がいるだろうか?

と思ったら、やっぱり依子はお断り。

「あなたには契約を結べる資格はありません。

今夜を限りに交際は終わりです」By依子

それに反論して 谷口が開き直った==!

「女性が結婚して家庭に入ることは永久就職といい、

みんな祝福される。

女には結婚して働かない女はいるのに

なんで男が金儲けをしないで、

世俗と離れて暮らすのがなぜ悪い?

僕なら家庭をしっかり守る。

お願いだお願いだ。ボクを助けて」

谷口はスクーターにまたぎ、

出発しようとする依子にすがります。

「あなたの考えをよしとする女性はいるでしょうが

私は無理です。さようなら」

依子は怒って帰ってしまいました。

でもこれからもお話は続き、

必ずこの二人、くっつくはず。

どうやって?どういう経緯で

結婚することになるのか?

来週は谷口巧がなぜ

高等遊民になったのかが明かされるかも?

妙に巧の演説に説得力があり、

聞き惚れた・・・・ 長谷川博己の代熱演、

堪能しました!

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ