主人公・渡辺美都(みつ)➡波瑠
主人公の不倫相手・有島光軌➡鈴木伸之
主人公・渡辺美都の夫➡東出昌大



先週第2話の終わり頃、
波瑠演じる渡辺美都と中学時代の同級生有島は
温泉旅行を楽しんでました。

この時点では有島も波瑠共に
結婚していることを隠しているというより
話していない不倫というより
楽しい浮気旅行でした。

そこに有島の奥さんが出産したという連絡が来て
有島が結婚し子供が生まれたことが
波瑠演じる渡辺美都の知るところとなりました。
美都も結婚しているからと白状したら
有島君はそうだったのか!と喜んでくれました。

そして鈴木伸之演じる有島君は
波瑠演じる渡辺美都を旅館に置き去りにして
妻の実家に行ってしまいました。

この男は純粋に浮気を楽しむ人のようでした。

さて昨日第3回、

浮気旅行先で置き去りにされて
浮気はやめようと思う波瑠演じる渡辺美都ですが
鈴木伸之演じる有島くんから
「今度埋め合わせさせて」と連絡が来て
上等なレストランでゴチになり
またもホテルに向かったのでした。

レストランの支払いは「子供の出産祝い」の
祝い袋から出したので
それが視聴者に「有島=クズ」を
決定づけたようですが
この人、お金は奥さんが管理していて
小遣いをもらい亭主のようなので
金を持ってなかったんでしょう。
仕方なですね。

このドラマの主役二人のクズぶりが
話題になってます。

鈴木伸之演じる有島君は
浮気した直後妻の実家に行き
生まれた子を抱き、かわいいと思っている様子。

波瑠演じる渡辺美都は優しい亭主
東出昌大くん演じる涼太が2番目に好きで
1番目ではありません。
涼太がいい人でかわいそうかといえばそうでもないです。

妻美都のスマホをよく盗み見して
浮気していることを知っています。

私は夫婦でも親子でも
スマホを盗み見したり
パソコンの検索履歴を見るのは
ご法度だと思いますので
その時点でこの男も最低です。

東出昌大演じる涼太と
ずっと昔のドラマ

「ずっとあなたが好きだった」

の冬彦さんが比べられているようですが
あの時代、携帯電話もスマホもなったので
冬彦は賀来千香子演じる妻の後をつけ
そっと密会の様子をのぞき見したのでした。

佐野史郎冬彦

気持ち悪さは佐野史郎のほうが上です。
そのうえ、佐野史郎演じる冬彦は
異常なマザコンでした。
母親は野際陽子。
このドラマを毎週見終わったあと、
寒気がしたものでしたが、東出君は
かわいいので、寒気はしません。

妻の浮気を疑い、嫉妬するのもキモイですが
浮気する妻はそれほど多くない・・はずで

病的なマザコ夫と、その親族に悩まされる
妻たちは日本に数千万人いるでしょうから
感情移入しやすく、大ヒットでした。

この冬彦の名前の由来は秋野暢子の元夫で
東大出のTBSのプロデューサーの名前を取って
名付けられたそうですよ。

さて、話はそれましたが
第3回「あなたのことはそれほど」の中で
波瑠演じる渡辺美都が夫の友達が食事に来るので
大急ぎででデパ地下で高価な食材を買い求め
それをきれいにセットして
あたかも自分が作ったように出すことにも
視聴者から
「ドラマを見てたら心が痛くなった」
「見ててムカムカする」
「どっちもクズ過ぎて腹が立ってくる」

という声が多いらしいですが
私はしょっちゅう、買ってきたお総菜を
食卓に出しているので
そんなん、当たり前やん、と思ったのでした。
しかも私の場合はデパ地下ではなく
近所の激安スーパーのお惣菜ですから
ドラマのほうがずっとマシ~です。

浮気を楽しむクズの二人の主人公を見て
腹を立てる人も多いですが私は
楽しそうでいいな~と思うのです。

結婚は現実です。
もれなく相手の親族がついてきて
義親が死んでくれても兄弟姉妹はなかなか
死んでくれません。
もしかしたら自分のほうが先に
死ぬ可能性もあります。
死ぬまで法事の度に
顔を合わせなくてはなりません。

その点、浮気ならその場限りで
浮気相手の親族は関係ありません。

このドラマの二人はお互いに結婚をしていて
相手に離婚してほしいとか
ドロドロする感じではなく
純粋にその時間だけを
楽しんでいるように見えます。

鈴木伸之演じる有島君の妻、
仲里依紗演じる麗華役も
亭主の浮気にそれとなく気づいているような
気がするし、
問題は東出昌大演じる涼太ですね。

浮気するような女とは
さっさと別れてしまったらいいのに
スマホを盗み見して執着して困りますね。

でも、さっさと離婚してしまったら
ドラマが終わってしまうので
7月まで陰湿に騒ぐんでしょうね。

しかしもう一度申しげますと、
この程度ではドロドロの“愛憎劇”ではないです。

少なくとこ今のところはサラサラ愛憎劇です。
と言いつつ、第4回を楽しみにしています。


にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ