2015012019240000

藪下依子(杏)

東京大学大学院数理科学研究科で

数理モデルのマクロ経済への応用を研究した後、

内閣府経済総合研究所に入所し、

現在は横浜研究所に出向中

「恋愛力ゼロ」 生身の男には興味が持てない。

しかし年齢的には結婚適齢期。

ゆえに結婚相談所に登録し、

谷口巧と見合いすることとなる。

母は亡くなっており、

父と二人暮らし。

亡くなった母親が幽霊になって時々出没。

その母に相談し、ことを決める。

 1恋

谷口巧( 長谷川博己)

文系男。無職のニート。

「恋愛力ゼロ」 生まれてこの方35年。

女と付き合った経験なし。

小説や映画ばかりで現実の女性には興味なし。

部屋にはめぞん一刻が全巻揃っている。

デートにいくのに母親から

小遣い1万円をもらっている。

無職だとデートをしてもらえないので、

公務員をいうことにしている。

全く結婚に向かない二人だが、

「美貌や愛欲によって

結ばれた結婚ほど失敗する。

湧き立つような歓喜は何のやくにも立たない」

BYモンテギュー

「結婚生活はお互いが

有益な生活を送るための契約である」 By依子

「サルトルとボーボワールが

提唱したのは まさにそれだ!」BY谷口

結婚は契約だ!

好きかどうかは関係ない。

という考えで依子と谷口は一致。

「お母さんの代わりに

新しく寄生できる相手が見つかった。

国家公務員だから福利厚生がしっかりし、

倒産はない。

自分は今後も就職はしない。

寄生はするが、 決して自分はニートではない。

高等遊民である」 と、谷口は母親と友人に報告。

一方、依子は

「結婚のための協議をすることになった。

好きじゃないからこそ結婚する」 と、父親に報告。

依子(杏)と谷口(長谷川博己)は結婚に向けて

協議していくことになりました・・・とさ。

マシンガンのようなセリフが

杏と長谷川博己の間で飛び交い

間違いなくこのドラマ、

今季最高のドラマになります。

めちゃくちゃ、おもしろいです。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ