主人公・渡辺美都(みつ)➡波瑠
主人公の不倫相手・有島光軌➡鈴木伸之
主人公・渡辺美都の夫・涼太➡東出昌大
主人公の不倫相手の妻・麗華➡仲 里依紗
有島のマンションのうざい住人➡中川翔子
涼太の会社の同僚小田原➡山崎育三郎

超絶いい加減 あらすじ

生理が遅れちゃった美都です。
生理が遅れた→妊娠している
と、思い込み、涼太とはずっと、
ヤッテないので有島君の子に違いない、
この先どうなるかわからないけど、
取り合えず、涼太とは別居しようと
ボロアパートに引っ越すため
荷造りをしていたら
涼太がチラシをもって部屋に入ってきました。

“301号室の渡辺美都はW不倫の最低女。”

ホントのことを
正直に書いてある
チラシです。

ホントのことを言ったり書いたりしても
名誉棄損になるご時世です。
さて美都はどうするか?

仕事に出ようとすると、
同じマンションの住民は
みっちゃんを避け、
噂バナシに花を咲かせています。

そこに涼太がさっと来て
みっちゃんの手を握ります。
仲がいいですよ~と
一応世間に向かって
仲良し夫婦アピールするのです。

スーツ姿の涼太、超かっこいいです。

涼太には妻に不倫されている亭主と
思われたくないという男の意地がありました。

みっちゃんは涼太と手をつないで
出てきましたが
途中で別れ、マンションに戻り荷造り~

一刻も早く出ていきたいみたいです。

マンションで荷造りしている
みっちゃんのもとに
涼太の同僚小田原が手伝いに来ました~
みっちゃんは小田原にマンションの
保証人になってもらっているのです~

なんでここまで親切なのか?
しかも、小田原はみっちゃんの手まで
握ってくるではあ~りませんか!

やっぱり私のことが好きなのね~?
でもわたしは有島君の子を
妊娠している女なのよ~
と、みっちゃん。

いや、小田原が好きなのは涼太でした。
小田原君はゲイなのでした。
小田原くんが考えているのは
涼太の幸せだけだそうで、

「ずっと涼太が好きだった」

そうです。

それを涼太がたまたま帰って来ていて
立ち聞き~

男に好きだろ言われて
涼太はうれしいでしょうかあ~?

驚きでカギを落として
みっちゃんと小田原くんに
立ち聞きしていることがばれちゃいました。

小田原くんは涼太に対して
何も望んでおらず
人の気持ちを一生ほしがるなんて
なんて、欲張りなんだ!と怒り出し、
自分は悪い女と涼太を別れさせたい、
美都さんは出ていく、それでいだろう?と
涼太に念を押し、
涼太が答えないうちに
みっちゃんは出ていきました。

涼太はこれからも小田原くんと仕事を
一緒にしなくてはならないし
いつ、襲われるかわからないし、
そのうえ奥さんは出ていくし、
踏んだり蹴ったり、
泣きっ面に蜂とはこのことです。

その涼太は有島君の妻、麗華が
チラシをばらまいたと疑っています。
直接話をし、涼太は確信したようですが
麗華はチラシバラマキ犯ではありません。

一方、有島君は奥さん麗華に不倫を
白状してしまっていて
針のむしろの家庭生活です。

麗華は激しく怒ることはせず
静かに真綿で首を責めるタイプの女です。

タイプは違うが麗華の上をいくのが
有島のマンションのうざい住人➡中川翔子です。
チラシをばらまいたのは
中川翔子でした。

亭主は自分といやいや結婚したという
中川翔子は
麗華やみっちゃんに嫉妬していて
チラシをばらまいたようです。

麗華は中川翔子から
学級員のようにエラそうだと言われます。
でも、今どきの学級委員は
エラそうでないですよ。
最近はみんな、やりたがらないそうです。

さあ~て、みっちゃんは
ボロアパートに引っ越し。

みっちゃんの友人はみっちゃんが
チラシをばらまかれたことを知り
みっちゃんの勤め先の眼科の先生に
相談をしに行きます。
でも、なんでわざわざ
そんなことしに行くのか・・・
その眼科の医者、

来る者拒まず

そんな感じの医者ですよ~

みっちゃんの友人はみっちゃんの
自由奔放さがうらやましかったらしくて・・・

バツ3のこの医者と
みっちゃんの友人はもしかしたら
不倫を始めるかも。

もちろん、時間の都合で
そこまではテレビで放送、
できないとは思いますが・・・

そのころ、みっちゃんは有島君と
バーで落ち合って、話し合ってます。

有島君はみっちゃんと会うことも
麗華に話しているし、
ビラを配ったのも麗華じゃないと
妻をかばい、
有島君の心は家庭に戻っていて
みっちゃんは妊娠しているかも・・・
ということを話せませんでした。

有島君は自宅に帰ると
妻麗華は子供連れて
実家に帰ってしまってました。

麗華はみっちゃんの勤め先まで
チラシを自分がばらまいたのではないけど
謝りに行き、教科書みたいな人です。

それにしても眼科の医者は
診療時間時間中というのに
麗華とみっちゃん、三人でお茶を飲み
みっちゃんを先に帰して
話し合う時間があるのだから
よほど、繁盛していない
クリニックのようです。

さてみっちゃんはぼろアパートに戻り
妊娠判定をやっとしたら
なんと、陰性!
妊娠してませんでした。

有島君は不倫の代償で妻に逃げられ
みっちゃんは
期待していた妊娠はしておらず、
ただの生理不順だということが
わかったのでした。

離婚届けは郵送してくれたら
出しておくと涼太からラインしてきているし

有島君は妻に逃げられ、フリーになったし
いまこそ、みっちゃんと有島君は
障害がなくなりくっつくことができるのに
なぜか、そうはならないのが
人生劇場というものです。

有島くんはどうしてもみっちゃん、
ということはなかったし
みっちゃんも、なにがなんでも
有島君ではなくなっているし
涼太は男の意地もあって
みっちゃんに執着し、
(執着する姿が今週は哀れ~)

なぜかランニングしている涼太

(ランニングして有り余った体力を消費させる涼太)
純愛だったのは小田原君の
涼太へのゲイ愛であったというお話でした。

来週は最終回、予想です。

涼太が小田原くんの愛を受け入れ、
幸せになり
有島君は土下座して麗華とヨリを戻し
みっちゃんの母親は
眼科の医者の4番目の妻になる。

まわりをかき回したみっちゃんは
義理の父親の眼科医院で
一生、独身で働く・・・

こんなんで、どうでしょう?
たまにはこんな結末も
よろしいのではないでせうか?

にほんブログ村 男性芸能人・タレント
人気ブログランキングへ